お知らせ

2016.11.07プレスリリース

特許・論文分析クラウドサービス「見える化エンジン・Paterio」 12月上旬に提供開始


~1,300社以上への提供実績を持つ「見える化エンジン」が
企業・大学における技術のマーケティングを支援~
 
 株式会社プラスアルファ・コンサルティング(代表取締役社長:三室 克哉、以下、プラスアルファ)は、テキストマイニング技術を活用した特許・論文分析クラウドサービス「見える化エンジン・Paterio」(見える化エンジン・パテリオ)を12月上旬より提供開始する予定です。
 
 製造業やインフラサービスを提供する企業等においては、事業活動の源泉である「技術」に対して、先端動向・周辺動向を的確に把握し、取るべき道を見極めるとともに、製品化・事業化の出口まで見据えて効果的に取り組みを進めるための事前のマーケティングが求められます。
 
 プラスアルファでは、2008年より、企業のマーケティング関連部門を中心に、クラウド型テキストマイニングサービス「見える化エンジン」を提供してきました。お客様相談センターに寄せられる「声」や営業日報、アンケート調査結果、ソーシャルメディアの分析などにおいて、その使いやすさ、アウトプットの分かりやすさをご評価いただき、これまでに1,300社以上の企業でご利用いただいています。
 このたび、技術のマーケティングに有効な情報ソースである特許・論文データに対して、テキストマイニングを支える言語解析処理、技術用語の辞書、さらに、操作性、アウトプット等を最適化した「見える化エンジン・Paterio」の提供を開始します。製品開発・技術開発のテーマ検討、アイディア創出、共同研究相手の候補探索など、企業や大学・研究機関における技術のマーケティングを支援します。
 



■「見える化エンジン・Paterio」の特長

 「見える化エンジン・Paterio」は効果的・効率的な技術マーケティングを支援するために、以下の特長を備えています。
 
特長1 使いやすさ、分かりやすさへのこだわり


・クラウド型サービスとして培ってきた「見える化エンジン」の使いやすさ、分かりやすさを活かしつつ、特許・論文データの分析に適した操作性、機能にチューニングしています。

・ワンクリックで作成可能なアウトプットを特許分析向けに約150種類、論文分析向けに約50種類用意しており、データを取り込むとすぐに分析を行うことができます。さらに、そこから各種パラメータを調整することで、目的に沿ったアウトプットを得ることができます。

・また、あらかじめ作成した、ユーザ独自のExcelシートに集計結果を直接出力することで、社内報告資料等に有効なアウトプットを効率的に作成することができます。

特長2 気付き・発見・発想に繋がるアウトプット・画面遷移

・グラフ表示、ネットワーク分析、単語の俯瞰マップ、ワードクラウドなどの各種アウトプットと個別文献の画面を思考の流れに沿って簡単に行き来したり、グラフの要素などをワンクリックでドリルダウンして深堀りすることで、新たな気付き・発見・発想の創出を支援します。

特長3 機械学習等による、特許・論文の分析に最適化した言語解析処理、技術用語辞書

・弊社グループの研究開発会社にて開発・提供してきた言語解析エンジンを機械学習等により特許・論文分析向けにチューニングするとともに、独自の技術用語辞書、同義語辞書を搭載し、技術文献特許・論文データに対するテキストマイニングの解析精度を高めています。
 
特長4 多様なデータフォーマットへの柔軟な対応/日本特許データベースの提供(オプション)


・データ定義テンプレート、事前のデータ加工プロトコルにより、多様なデータフォーマットのCSV、TSV形式のデータを取り込み、ワンクリックメニューを自動生成します。論文データについては、ジー・サーチ社が提供する国内最大規模の学術文献データベース「JDreamⅢ」に対応したテンプレートを提供しています。

・日本特許については、オプションサービスとして、1993年以降の電子公報を対象としたデータベースを提供します。キーワード等による検索結果から、直接、分析に着手することができます。


特長5 ダッシュボード機能による情報共有

  • 柔軟性の高いダッシュボード機能「お気に入りレポート」により、社内関係者に対して、分析結果を的確に共有することができます。製品・技術の開発・マーケティング担当者は、あらかじめ用意されたワンクリックメニューから技術開発の動向、注目すべき技術、新たな変化の予兆・萌芽を把握するとともに、そこから個別文献を確認することができます。
 


■「見える化エンジン・Paterio」の利用場面(例)

 「見える化エンジン・Paterio」は、以下に挙げるような技術のマーケティング活動を支援します。
 

 1.先端技術・周辺技術の動向把握、注目技術の抽出
 2.自社技術の強み・弱みの客観評価
 3.産学連携、提携・M&A、保有技術の提供先の探索
 4.商品企画・改善、研究開発テーマのアイディア創出
 5.保有技術の棚卸~新たな用途展開の可能性発掘
 6.製薬企業などにおける次世代KOL(Key Opinion Leader)の特定
 7.全体的な研究開発テーマ・組織の再編 

 プラスアルファでは、企業の研究開発部門・知財部門、大学・研究機関の研究者、さらに、特許・論文データにあまりなじみのなかった企画部門・マーケティング部門に対して「見える化エンジン・Paterio」を提供していきます
 
 「見える化エンジン・Paterio」は、2016年12月上旬にリリースを予定しておりますが、先行して11月9日(水)~11日(金)に科学技術館で開催される「2016 特許・情報フェア&コンファレンス」にてご紹介いたします。


 
【プラスアルファ・コンサルティングについて】
 「見える化」を基軸としたマーケティングクラウド専門会社』として、2006年の設立以来、顧客の声のような大切かつ膨大な量のテキスト情報を「見える化」し、気づきを与える力を持つ「テキストマイニング技術」を核とした見える 化ソリューション事業を行っています。さまざまな情報を見える化することで、お客様のビジネスに+α(プラスア ルファ)の価値を創造するためのクラウドサービスの開発・販売、コンサルティング、新規事業創出などを行っています。
 
【見える化エンジンについて】
 これまで培ってきた顧客の声活用のノウハウと、テキストマイニング技術を結集し「とにかく使いやすく、直感的に 顧客の本音に気づけるアウトプット」にこだわって開発した分析サービスです。日本初のクラウド型 テキストマイニングサービスとして、大手食品・飲料メーカーや家電メーカー、化粧品会社、コールセンター運用会 社など、1,300 社以上の企業が採用しています。
 

<補足資料>


 1.「見える化エンジン・Paterio」定性分析・定量分析のアウトプット例
 
   1-1. ネットワーク分析

【研究者のつながり】                             【技術のつながり】

 
   1-2. ワードクラウド
 

 
   1-3. 俯瞰マップ
 

 
   1-4. 定量分析
 


 

 2.サービス構成




 
【ニュースリリース、製品に関するお問い合わせ先】
株式会社プラスアルファ・コンサルティング 見える化エンジン事業部 担当:中居・安枝・清水
TEL:03-6432-4016  E-mail:info@pa-consul.co.jp