お知らせ

2017.02.22 プレスリリース

「見える化エンジン」売場観察サービスを開始

~主婦層のパネルモニターによる売場観察の結果を、
テキストマイニングサービス「見える化エンジン」により即時に分析・提供~
 
株式会社プラスアルファ・コンサルティング(代表取締役社長:三室 克哉、以下、プラスアルファ)は、女性、とりわけ主婦層のパネルモニターによるリサーチサービスを提供する株式会社リビングプロシード(代表取締役社長:和田直樹、以下、プロシード)と連携し、「見える化エンジン」売場観察サービスを開始します。
 
飲食品や化粧品、大衆医薬品、消費財など生活者向け(BtoC)の商品においては、GMSやスーパーマーケットの売場における陳列の分かりやすさやPOPのアピール度などによって、その売上や商品に対する印象が大きく左右されます。従来より、BtoCメーカーでは、営業担当社員や市場調査会社への業務委託により、こうした売場の実態調査を行っていますが、多大な時間とコストがかかり、販促キャンペーンの状況を即時に把握するといったことは難しい状況にあります。
 
本サービスでは、企業からの委託を受けた対象商品、商品カテゴリーについて、プロシードの主婦モニター「リビングパートナー」がGMSやスーパーマーケットを訪問し、当該商品について陳列の状況や売場で受けた印象をネット上からアンケートに回答します。回答結果は、プラスアルファが提供するクラウド型テキストマイニングサービス「見える化エンジン」により、フリーテキストによる回答を含めて自動的に分析され、即時に、依頼企業に提供されます。企業は、自社商品・競合商品、商品カテゴリーの売場における陳列状況、女性・主婦層に与える印象を短期間、低コストで把握することができます。
 
プラスアルファは「見える化エンジン」売場観察サービスにより、BtoC商品提供企業のマーケティング活動を支援します。
 
 
「見える化エンジン」売場観察サービスの特長
 
特長1 リアルな主婦の気づきを販促のヒントに
  • 主婦層を中心とするモニターが日々利用するスーパーマーケットやドラッグストアに出向き、売場の印象を自身の生活実感を加え主婦の視点で回答します。
  • モニターのプロフィール(年齢・居住地・世帯構成など)と回答内容の掛け合わせにより、回答の傾向を詳細に分析できます。
特長2 マーケティング部門主導による売場(店頭)調査を手軽に
  • 定型の調査メニューと、クラウド型分析サービスとの連係により、お申込~納品まで2週間程度、費用は60万円(税別)からと短期間・低価格で売場調査を実施できます。
(「見える化エンジン」未導入の場合は、別途利用料が発生します。)
  • 販促キャンペーンや陳列、POPなど販促施策の効果を短サイクルで確認・検証できます。
  • 商品特性等に応じた調査項目・分析内容のカスタマイズにも対応します。(オプション)
 
特長3 「見える化エンジン」の多彩な分析メニューにより、調査結果を効果的に活用
  • 豊富なワンクリックメニューにより、すぐに回答の傾向を把握できます。
  • 多彩な見える化機能、ドリルダウン機能により、多様な観点から分析を深掘りできます。
 
 
【株式会社プラスアルファ・コンサルティングについて】
「見える化」を基軸としたマーケティングクラウド専門会社として、2006年の設立以来、顧客の声のような大切かつ 膨大な量のテキスト情報を見える化し、気づきを与える力を持つテキストマイニング技術を核とした見える化ソリューション事業を行っています。さまざまな情報を見える化することで、お客様のビジネスに+α(プラスアルファ)の価値を創造するためのクラウドサービスの開発・販売、コンサルティング、新規事業創出などを行っています。
 
【株式会社リビングプロシードについて】
 フジ・メディア・ホールディングスに所属し、「生活情報事業」を担う創業1971年のセールスプロモーション会社。全国主要都市圏で生活情報紙を発行するリビング新聞ネットワークとともに、生活を豊かにするトータルサポーターとして、「地域」「女性」「企業」の橋渡しを行っています。
 
【「見える化エンジン」について】
これまで培ってきた顧客の声活用のノウハウと、テキストマイニング技術を結集し「とにかく使いやすく、直感的に顧客の本音に気づけるアウトプット」にこだわって開発した分析サービスです。日本初のクラウド型 テキストマイニングサービスとして、大手食品・飲料メーカーや家電メーカー、化粧品会社、コールセンター運用会社など、1,300 社以上の企業が採用しています。
 
【「リビングパートナー」について】
リビングパートナーとは、リビング新聞を自宅の近隣500~600世帯へ毎回配布している「配布員」と、リビング新聞をよく読んでいてリビング新聞グループの活動に協力する女性から成る約2万5千名の顔が見える女性組織です。読者モデルとしての紙面登場やアンケート、商品モニタリング、座談会への参加など活動内容は様々。家族・世帯情報など約50項目の属性項目をデータベース化し、商品・サービスに合った対象者を抽出し、企業のニーズに応じて様々なプロモーション活動を行っています。




<補足資料>
 
  1. 「見える化エンジン」売場観察サービス イメージ
 


 
  1. 実際に寄せられる声の例(ビール関連)
 
  【陳列について】
  • 並び方のルールや一貫性がよくわからなくてあちこち見てしまう。●●ビールも種類が違うだけであちこちに置かれていてちょっと見にくい。(49才、パート・アルバイト、神奈川県)
  • きれいに商品が棚に並べてあり、その商品棚も明るく見やすかった。もっと商品名や値段を書くPOPにその商品のウリが書かれてあると選びやすく。購買意欲もわく。(53才、主婦、兵庫県)
  【POPについて】
  • 甘いのが好きな人、辛めが好きな人、果汁たっぷりのものなど、本屋のおすすめ本のポップのように、ポップがもっとあると選ぶのが楽しいと思う。(45才、在宅ワーカー、東京都)
  【売場全体について】
  • 秋限定ものを押し出していて10月だな!と、まず感じました。さらに秋のもの(すすきやだんご かぼちゃ)やハロウイ-ンなど季節感を感じるものがあると、購買意欲につながる。(56才、自営業、東京都)
  【おつまみとのコラボについて】
  • おつまみになるような物(乾き物など)が、そばにあると買い忘れしなくて済むし、おつまみ用レシピがあると参考になるので助かります。(44才、主婦、東京都)
 

  1. 分析アウトプットの例(ビール関連)





 
  1. プレ使用されたメーカー・担当者様の声
 
「ネット調査やSNS調査では得られない店頭での消費者の声が得られました。他の調査よりも、具体的な感想など消費者視点の声が調査回答にしっかり記入されていて、読みがいのある回答を得られました。」
 
 
  ■ 売場観察サービスについてはこちらのページもご覧下さい。
    http://www.pa-consul.co.jp/mieruka/function/store_watch.html
 

【ニュースリリース、製品に関するお問い合わせ先】
株式会社プラスアルファ・コンサルティング 見える化エンジン事業部 担当:中居・安枝・清水
TEL:03-6432-4016  E-mail:info@pa-consul.co.jp
株式会社リビングプロシード ソリューション事業本部 リビングリサーチセンター 担当:永藪・古澤
TEL:03-5216-9383 E-mail:lpptokyo@sankeiliving.co.jp