2017.11.01

想いよ届け!熱奏甲子園!!

夏の風物詩、全国高校野球選手権大会。
今年も暑い日々の中、高校球児たちが熱い戦いが繰り広げ、日本中に多くの感動を与えてくれました。
選手たちにとってかけがえのない思い出となったことでしょう。

ただ、甲子園で奮闘しているのは選手や監督だけではありません。
応援しに来ている応援団や吹奏楽部、保護者や地域の方々も選手とともに戦っています。
彼らの応援は選手たちの大きな力となっていることは間違いないでしょう。
今回は選手たちの士気を高める応援、中でも各校が奏でる「応援歌」について調べてきました。

 
【検索ワード】
"応援歌 高校野球" or "応援歌 甲子園"
【データ件数】
15,000件
【データ取得期間】
2017/07/22~2017/8/23
【プロファイル】



まずは全体的にどのような発言が多いのかを確認していきたいと思います。
これは3項間の係り受けのランキングを示しています。
ここからわかることは、「高校野球の応援歌にプロ野球の応援歌が使われている」ということ。
なかでも、「千葉ロッテマリーンズ」と「広島カープ」の応援歌がよく演奏されているそうです。
甲子園をホームとしている阪神タイガースの応援歌よりも多いようです。
14位の「アニメ-曲-多い」も気になりますね!
私もたまたまテレビで東海大菅生の試合を見ていたのですが、
その時に流れていたのは「名探偵コナン」の曲だったので驚きました。



次に時系列でツイート数の変化を見ていきたいと思います。
上のグラフは8/11~8/22の6時間ごとのツイート数の推移を示したものです。
ここでは、ツイート数が伸びている8/11・8/16・8/19に注目してみました。



それぞれの特徴的な発言をピックアップしてみました。
まずは8/11を見てみましょう。
広陵(広島)vs中京大中京(愛知)の試合において、
広陵が中日ドラゴンズの応援歌を使っている一方で、中京大中京が広島カープの応援歌を使用していたようです。
どうやら応援している側も混乱してしまうほどだったそうですね。
ちなみに、中京大中京が広島カープの応援歌を使用している背景は、堂林選手(広島カープ)の出身校だからだそうです。

次に8/16を見てみると・・・
この日は聖光学院(福島)vs聖心ウルスラ(宮崎)の試合で、
聖心ウルスラがスマホゲームのモンスターストライク(モンスト)のBGMを応援歌として演奏していたことがTwitterを賑わしていました!
スマホゲームの曲が応援歌になるとは誰も考えていなかったため、ツイート数が伸びたのではないでしょうか。

最後に8/19のツイートを覗いてみましょう。
去年、大ヒットした映画「君の名は。」のテーマ曲である「前前前世」(RADWIMPS)や、
実写映画化やアニメ化され、今なお連載が続く人気漫画「進撃の巨人」のアニメ主題歌「紅蓮の弓矢」(Linked Horizon)、
2017年の注目バンドであるヤバイTシャツ屋さんの「あつまれ!パーティーピーポー」が応援歌として演奏されていたようです。
その他にも人気バンドのBRAHMAN「See Off」やWANIMA「THANX」も流れていたそうです。
時代の流れ・流行を反映させた選曲が増えてきていることがわかりますね!



以上のように、「今年」の応援歌はプロ野球からアニメ・ゲームまでさまざまな曲が使用されていました。
一方で、世間の人たちは甲子園の応援歌といえば、どんな曲を思い浮かべるのでしょうか?
気になりますよね?
そこで、瞬速リサーチでアンケートをとってみました。

【質問】
夏の風物詩である高校野球の「応援歌」といえば何の曲を思い浮かべますか?
【コメント数】
1,461件
【データ取得期間】
2017/08/23~2017/08/30
【プロファイル】




このランキングを見てわかる通り、「狙い撃ち」「紅」「タッチ」など甲子園での定番曲が大半を占めています。
その一方で、13位に「あまちゃん」(2013年度上半期のNHK連続テレビ小説)がランクインしています。
今後、「あまちゃん」が甲子園での定番になる可能性を感じるランキングとなっていました!
今年演奏されていた曲からも新たな定番が生まれるかもしれませんね!



高校野球で注目されるのは高校球児たちですが、今回は彼らの背中を押している応援団や吹奏楽部に目を向けてみました。
彼らも球児たちと同様、多くの時間を練習に費やし、甲子園で演奏する日を迎えていることでしょう。
彼らの応援に注目することで、いつもと違った感動を覚えるかもしれませんね!