2017.02.28

直木賞受賞作品レビュー分析~忙しいあなたもきっと読みたくなる~

みなさんは本を読みますか?私は読書が好きで、本のレビューを見て購入します。
今回は、本のレビューという比較的長めのテキストの分析を行いました。
          分析概要は以下の通りです。             
まず初めに、この作品の感想を見てみたいと思います。
さすが直木賞受賞作品ですね。ポジティブな感想が多いですね。
3位、5位は今回の作品の内容に関するところのようです。
また、9位に登場人物が魅力的、10位に表現豊かだとありますね。
恩田陸さんの作品の魅力が伺えます。

次にレビュー全体をマッピング図で見てみました。


 
赤い四角で囲まれているところは、レビューで語られた作者恩田陸さんの魅力についてです。
物語の世界観へ引き込んでくれるところや、主人公の魅力、言葉の表現力が総合的に評価されています。
今回のストーリーとしては、ピアノのコンクールが舞台のようです。
特にコンクールのシーンは見どころ満載。
コンクールに向けて奮闘する主人公の姿にきっと心うたれるのでしょう。
音のない小説の世界で、果たして音楽をどう表現したのか気になりますね。



Twitterなどとは違って、レビューのように比較的長い文章でも、
分析することで簡単に概要をつかむことができます。
(もちろんここから深堀分析を行うこともできます)
社内の日報や、報告書、アンケートのフリーアンサーなどを
分析することで社内での運用に活かしていくこともできますね。