2017.02.28

今度の休みはどこに行く?全国水族館の目玉を比較!




デート、ご家族で、おひとり様でも・・・いろいろな楽しみ方ができる施設、それが水族館!
今回は全国の代表的な水族館の口コミの内容を比較していきます!

【分析対象データ】
対象データ:某口コミレビューサイト
各施設の対象口コミ件数は以下の通りです。

美ら海水族館:5146件
海遊館:1126件
八景島シーパラダイス:579件
新江ノ島水族館:428件
エプソンアクアパーク品川:392件

【どんな生き物が人気?】
まずは、水族館の主役の生き物たちがどれくらい発言されているかを見ていきましょう。
下記、単語ランキングから生き物の名前だけを抜き出したものです。


上位にはジンベエザメやイルカ、サメ、ペンギンなど納得の生き物たちですが、そこに食い込むのが最近人気を博しているクラゲです。
また、10位のヒトデをはじめ、いわしやナマコ、サンゴなど地味な生き物たちも実は思い出作りに一役買っているようですね。
では次に、生き物たちがどの施設の口コミに出現しているのか見てみましょう。

下記図は、核施設の口コミ内で偏って多く発言されている単語を表示したものです。
水色の円で囲っているのが水族館の主役の生き物たちです。


各水族館のスター選手が分かります。
美ら海水族館はジンベエザメやマンタといったスケールの大きな生き物
海遊館はラッコやカワウソの哺乳類
エプソンアクアパーク品川はアシカやイルカ
八景島シーパラダイスはシロイルカ
新江ノ島水族館はイルカやクラゲについての発言が目立っていますね。

【他にはどんなものが口コミに挙がっている??】
では、次に同じアウトプットで生き物以外の特徴を見てみましょう。


図の上部にある通り、水色がショーについて、オレンジが施設設備について、黄色が周辺施設について発言されている部分です。

新江ノ島水族館ではプロジェクションマッピングやナイトアクアリウム(夜の水族館見学ツアー)などの新たな催しの話題が出ているのに対して、
エプソンアクアパークではかっぱが必要なほど水をかぶるイルカショーの話題がでています。
同じショーですがタイプの違うものが目玉になっているようです。

美ら海水族館では、圧巻の単語とともに大水槽に対しての言及がみえます。
黒潮を再現したもので、ジンベエザメもこの水槽にいるようです。
海遊館では、らせん階段を下りていくような施設全体のコースレイアウトに対する言及が見られます。
普段はあまり気にする事のないかもしれませんが順路や館そのものにも意図があるところも。気にしてみてはいかがでしょうか?

八景島シーパラダイスでは遊園地・ジェットコースター・花火など水族館以外にも様々なアトラクションや催し物が充実していることがわかります。
お子さんが魚たちに飽きちゃった・・・ということがあっても安心ですね!

旅行に行く際口コミを参考にする方は多いと思います。
見える化エンジンは企業向けのサービスですが、いつか個人でも気軽にこのような使い方ができれば皆様の休日が変わるかも・・・?