お急ぎの場合はこちらまで 03-6432-4016
お急ぎの場合はこちらまで 03-6432-4016

①Excel(CSV形式)であればどんなデータも取り込めます。

データの取込の際に必須の項目や列の順番の指定といった制約は何もありません。

自由記述で書かれた項目が複数ある場合も問題なく取込可能です。

②データ量を問わず、話題の見える化が取り込むだけでできます。

データを取り込むだけで「見える化エンジン」が文章を単語レベルに分割し、話題を件数順にランキング化してくれます。

さらに同じ文中で使われやすい単語同士をつなぐことで、自動で話題の分類をすることも可能です。

分析イメージについてはページ最上部のメニューにある「テキストマイニングラボ」を御覧ください

③男女、年代別などで偏っている話題の抽出も可能
属性間での話題傾向の違いを浮き彫りに

例えば20代、30代、40代・・・と年代別に話題のランキングを並べることによって年代間での話題の差異を発見することができます。

同じ方法で他にも

商品の口コミ・・・商品毎の評価されるポイント、営業日報・・・クライアント別の関心事満足度調査・・・総合満足度別の話題の比較

など元データの属性の数だけ分析の幅が広がります。

こちらの記事では東京6大学についてのイメージを年代別比較しています。
(参考)
http://www.pa-consul.co.jp
/mieruka/blog/blogMieruka.php?id=70

④製品・サービスに関する要望や不満を可視化し顧客ニーズを発見

『見える化エンジン』では、「使いたい」=要望、「使いにくい」=困難(不満)のように、単語をニーズ別に区別することができます。

どのような要望・不満が多いのかを確認することで商品やサービスの開発・改善のヒントを探ることが可能です。

⑤オリジナルの分析軸を作成し、さまざまな切り口から話題傾向を把握

単語や文字列などを条件とした、新たな分析軸を作成することが可能です。

データ項目にはない独自視点での分析ができるため、さまざまな話題の比較・傾向把握をすることができ、より分析の幅が広がります。

例)香りについて:甘い 辛い 苦い 酸っぱい しょっぱい
肌質について:柔らかい 硬い ザラザラ つるつる すべすべ
潤いについて:嬉しい 優しい 楽しい 悲しい つらい

⑥データが足りない、全くないときも安心SNSデータの収集やwebモニター調査も可能

見える化エンジンではTwitterをはじめとした主要SNSや口コミサイト、レビューサイトのデータを収集することも可能です。
→SNSのデータ収集についてはこちら

さらに「瞬速リサーチ」で1問アンケートをモニター向けに実施し、1週間で数百~数千の一般消費者の声を集めることも可能です。
→瞬速リサーチはこちら
お急ぎの場合はこちらまで 03-6432-4016