TALENT MANAGEMENT FORUM 2019「科学的」人事戦略企業戦略の鍵を握る、人事の意思決定は「経験×勘」から「理論×データ」の時代へ2019年2月14日(木)開催(丸ビルホール)

TALENT MANAGEMENT FORUM 2019「科学的」人事戦略企業戦略の鍵を握る、人事の意思決定は「経験×勘」から「理論×データ」の時代へ2019年2月14日(木)開催(丸ビルホール)

本フォーラムは終了いたしました。
後日、こちらでフォーラムレポートを掲載致します。

企業を取り巻くビジネス環境は多様化し、
その急速な変化への対応力が求められる中、
これからの人事は経営の意思決定に寄与し、
事業成長を支える新たな役割が求められています。
しかし、多くの企業では人事領域のデータは限定的で
個別最適な活用にとどまっているのが現状です。

人材と組織が最大限にパフォーマンスを発揮し、
経営の意思決定に資する最適な人事データの
活用方法を探るべく、
本フォーラムではこれまでの勘と経験に頼る
属人的な意思決定やマネジメントから脱却し、
理論に基づく「科学的(マーケティング)」思考を
取り入れながらデータとテクノロジーを最大限に活用する
次世代型の人事戦略について考察します。

先を見据えた企業成長が必要な今こそ、
「科学的」人事にシフトを!

  • 伊藤 禎則

    経済産業省
    商務情報政策局
    総務課長

  • 大湾 秀雄

    早稲田大学政治経済学術院 教授
    経済産業研究所(RIETI)
    ファカルティフェロー

  • 鈴村 賢治

    株式会社プラスアルファ・コンサルティング
    取締役副社長

  • 松本 憲太郎

    株式会社クレディセゾン
    戦略人事部長
    (兼)戦略人事部 キャリア開発室長

  • 小西 信博

    株式会社ヒロテック
    人材開発センター
    部長代理

  • 山田 裕治

    リコージャパン株式会社
    常務執行役員 人財本部
    本部長

  • 高城 幸司

    株式会社セレブレイン
    代表取締役社長

伊藤 禎則

経済産業省 商務情報政策局 総務課長

東京大学法学部卒業後、通産省入省。コロンビア大学ロースクール修士、米国NY州弁護士登録。日米通商摩擦交渉、エネルギー政策を担当し、筑波大学客員教授、大臣秘書官を経て、2015年より産業人材政策室参事官として、政府「働き方改革実行計画」の策定を担当し、働き方改革、副業促進、IT人材育成、「経営リーダー人材育成ガイドライン」、HRテクノロジーの普及促進など人材政策に広く携わる。18年7月より現職、経産省のAI・IT政策を統括する。

東京大学法学部卒業後、通産省入省。コロンビア大学ロースクール修士、米国NY州弁護士登録。日米通商摩擦交渉、エネルギー政策を担当し、筑波大学客員教授、大臣秘書官を経て、2015年より産業人材政策室参事官として、政府「働き方改革実行計画」の策定を担当し、働き方改革、副業促進、IT人材育成、「経営リーダー人材育成ガイドライン」、HRテクノロジーの普及促進など人材政策に広く携わる。18年7月より現職、経産省のAI・IT政策を統括する。

基調講演

  • 「AI時代」の本質とエンゲージメントを高めるこれからの働き方
  • 人材投資「一億総学び」時代に向けて
  • テクノロジー×働き方改革による「企業と個人のデジタルトランスフォーメーション」

大湾 秀雄

早稲田大学政治経済学術院 教授 / 経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー

東京大学理学部卒業後、株式会社野村総合研究所でエコノミストを務める。留学。コロンビア大学経済学修士、スタンフォード大学経営大学院博士(Ph.D.in Business)。ワシントン大学オーリン経営大学院助教授、青山学院大学国際マネジメント研究科教授、2009年東京大学社会科学研究所教授を経て、18年4月より現職。独立行政法人経済産業研究所ファカルティフェロー兼任。専門は、人事経済学、組織経済学、および労働経済学。著書に「日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用」(日本経済新聞出版社)他多数。

東京大学理学部卒業後、株式会社野村総合研究所でエコノミストを務める。留学。コロンビア大学経済学修士、スタンフォード大学経営大学院博士(Ph.D.in Business)。ワシントン大学オーリン経営大学院助教授、青山学院大学国際マネジメント研究科教授、2009年東京大学社会科学研究所教授を経て、18年4月より現職。独立行政法人経済産業研究所ファカルティフェロー兼任。専門は、人事経済学、組織経済学、および労働経済学。著書に「日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用」(日本経済新聞出版社)他多数。

講演

  • データ活用に必要な人事部門の“統計リテラシー”と“問題意識”
  • 可視化を通じて課題の特定に取り組む
  • 人事データ活用が重要性を増すこれからの人事の役割
  • 社員の成長と幸せのためのデータ活用という原則を守る

鈴村 賢治

株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長

中央大学理工学部を卒業後、株式会社野村総合研究所に入社。システムエンジニアを経て、営業・マーケティング責任者としてテキストマイニング事業に参画。2007年に現代表である三室克哉氏と株式会社プラスアルファ・コンサルティングを創業し、取締役副社長に就任。 テキストマイニングを使ったCS(顧客満足)向上やビッグデータを活用したマーケティング支援事業を展開。16年より、人材活用・育成・離職防止を目的にマーケティング視点を取り入れた「科学的人事」の推進・啓蒙を支援する「タレントパレット」事業の統括責任者として従事。

中央大学理工学部を卒業後、株式会社野村総合研究所に入社。システムエンジニアを経て、営業・マーケティング責任者としてテキストマイニング事業に参画。2007年に現代表である三室克哉氏と株式会社プラスアルファ・コンサルティングを創業し、取締役副社長に就任。 テキストマイニングを使ったCS(顧客満足)向上やビッグデータを活用したマーケティング支援事業を展開。16年より、人材活用・育成・離職防止を目的にマーケティング視点を取り入れた「科学的人事」の推進・啓蒙を支援する「タレントパレット」事業の統括責任者として従事。

講演

  • 経営に必要なマーケティング思考=人事情報のデータ“活用”
  • 科学的人事の実践手法「タレントマネジメント」、最新トレンド
  • 最適配置、離職防止につなげるデータ活用と最新テクノロジー

松本 憲太郎

株式会社クレディセゾン 戦略人事部長(兼)戦略人事部 キャリア開発室長

関西学院大学法学部卒業後、株式会社クレディセゾン入社。主力のクレジットカード事業において、支店での営業、支店統括部門、商品企画部門などに従事。2010年、営業企画部長。14年、戦略人事部長に就任し「全社員共通人事制度」などの人事制度改革を主導、現在に至る。

関西学院大学法学部卒業後、株式会社クレディセゾン入社。主力のクレジットカード事業において、支店での営業、支店統括部門、商品企画部門などに従事。2010年、営業企画部長。14年、戦略人事部長に就任し「全社員共通人事制度」などの人事制度改革を主導、現在に至る。

パネルディスカッション

パネリスト

小西 信博

株式会社ヒロテック 人材開発センター 部長代理

芝浦工業大学機械工学科卒業後、株式会社ヒロテック入社。自動車組立設備の設計業務に携わる。1990年代に三次元CADによる設備設計を立上げ、その事例をCAD開発元主催アジアパシフィックカンファレンスで発表。2001年技能五輪国際大会に機械製図職種コーチとして参加。その後国内技能五輪全国大会のCAD化を推進。これら成果が認められ、08年ひろしまマイスターに認定される。16年より新設された人材開発センターにて教育コンテンツ作成と若年者育成に従事。

芝浦工業大学機械工学科卒業後、株式会社ヒロテック入社。自動車組立設備の設計業務に携わる。1990年代に三次元CADによる設備設計を立上げ、その事例をCAD開発元主催アジアパシフィックカンファレンスで発表。2001年技能五輪国際大会に機械製図職種コーチとして参加。その後国内技能五輪全国大会のCAD化を推進。これら成果が認められ、08年ひろしまマイスターに認定される。16年より新設された人材開発センターにて教育コンテンツ作成と若年者育成に従事。

パネルディスカッション

パネリスト

山田 裕治

リコージャパン株式会社 常務執行役員 人財本部 本部長

北海道大学卒業後、株式会社リコー入社。人事部に配属後、一貫して人事領域を担当。ESや360度FBなどの新制度導入や、評価・報酬制度改革、退職金・年金制度改革、役員評価・報酬制度改革など、数々の改革を牽引。2008年人事部長、14年リコーリース執行役員、17年リコージャパン常務執行役員に就任し、働き方改革、健康経営、ダイバーシティ推進など、各社の人事・総務関連領域における改革を推進。

北海道大学卒業後、株式会社リコー入社。人事部に配属後、一貫して人事領域を担当。ESや360度FBなどの新制度導入や、評価・報酬制度改革、退職金・年金制度改革、役員評価・報酬制度改革など、数々の改革を牽引。2008年人事部長、14年リコーリース執行役員、17年リコージャパン常務執行役員に就任し、働き方改革、健康経営、ダイバーシティ推進など、各社の人事・総務関連領域における改革を推進。

パネルディスカッション

パネリスト

高城 幸司

株式会社セレブレイン 代表取締役社長

リクルートで(18年間)新規事業の立ち上げやベンチャー支援の責任者として累計1000社以上の経営者と関わる。2005年、セレブレイン社に経営参加し社長に就任。「人と組織の最適化」が企業成長の必須条件であることをポリシーにPMIや事業承継、株式公開などに関わる人事・組織戦略のコンサルティングビジネスを展開。著書多数。

リクルートで(18年間)新規事業の立ち上げやベンチャー支援の責任者として累計1000社以上の経営者と関わる。2005年、セレブレイン社に経営参加し社長に就任。「人と組織の最適化」が企業成長の必須条件であることをポリシーにPMIや事業承継、株式公開などに関わる人事・組織戦略のコンサルティングビジネスを展開。著書多数。

パネルディスカッション

モデレーター

13:00

オープニング

鈴村 賢治 
株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長

13:00

13:20

基調講演

「AI時代」の働き方改革・デジタルトランスフォーメーション
~経営×人事×AIの融合が導く“企業”と“働く人”の新しい関係〜

「AI時代」の働き方改革・デジタルトランスフォーメーション
~経営×人事×AIの融合が導く“企業”と“働く人”の新しい関係〜

伊藤 禎則
経済産業省 商務情報政策局 総務課長

13:20

14:05

講 演

日本の人事を科学する
~人事部門におけるデータ活用とPDCAサイクルの必要性~

日本の人事を科学する
~人事部門におけるデータ活用とPDCAサイクルの必要性~

大湾 秀雄
早稲田大学政治経済学術院 教授 / 経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー

14:05

14:35

講 演

科学的人事を実現するデータ×テクノロジー活用戦略
~理論に基づく意思決定に必要なマーケティング思考とは~

科学的人事を実現するデータ×テクノロジー活用戦略
~理論に基づく意思決定に必要なマーケティング思考とは~

鈴村 賢治
株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長

14:35

14:50

休 憩

14:50

16:20

パネルディスカッション

科学的人事へシフトした実践企業に聞く、目的・課題とその解決策

パネリスト

松本 憲太郎
株式会社クレディセゾン 戦略人事部長
(兼)戦略人事部 キャリア開発室長

パネリスト

小西 信博
株式会社ヒロテック
人材開発センター 部長代理

パネリスト

山田 裕治
リコージャパン株式会社
常務執行役員 人財本部 本部長

モデレーター

高城 幸司
株式会社セレブレイン
代表取締役社長

16:20

16:25

クロージング

鈴村 賢治 
株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長

日 時

2月14日(木)13:00〜16:25(12:30開場)

会 場

丸ビルホール

東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7階 丸ビルホール&コンファレンススクエア

定 員

200名 

※応募者多数の場合は抽選となります。

参加費

無 料(事前登録制)

参加対象

企業の経営層、人事制度・労務管理・能力開発・採用などの人事部門、経営企画、組織開発、総務、 情報システム部門の担当役員、部門長および責任者の方々

※対象外の方はご受講をお断りさせていただく場合がございます。