社員インタビュー

2019

髙橋 絢美

TAKAHASHI AYAMI

タレントパレット事業部
科学的人事戦略グループ
お茶の水女子大学 生活科学部・人間生活学科

より良い施策の提案をしています

仕事内容を教えてください
タレントパレット事業部のコンサルタントとして、お客様が蓄積してきたデータを活用するための支援をしています。
例えば、タレントパレットへの人事データの取り込みや、より便利で効率的に社員の声を収集するための人事施策の提案、人事データの分析などを支援しています。
データの取り込み方一つでも、ただ支援するという内容ではなく、その先の活用目的や実現したい未来を見据え、それに合わせてデータの持ち方、見せ方など、様々な方法の中からお客様に合うやり方を上司や先輩と確認をしながら決めて、お客様に提案し、お客様が納得いく形で進めていくのがコンサルタントの腕の見せどころです。

お客様の思いにどう答えられるかを考えるのが楽しい

仕事のやりがいや苦労したこと
やりがいの一つは、人事の課題を直接聞けることです。
タレントパレットは、「社員の声を大事にする」「戦略的な人事を支援する」ためのシステムということもあり、「どうしたら社員に寄り添えるか」という人事の方の悩みを聞くことが多くあります。どのようにデータやシステムを活用したらそのお客様の思いに答えられるのかを考えるのは楽しいです。
また、もう一つのやりがいとしては、タレントパレットというシステム自体が楽しいことです。お客様のやりたいことに様座な機能で対応しており、毎度「こんなことができるんだ」「こんな機能がついたんだ」と驚きながら仕事をしています。
でもまだ新卒1年目ということもあるので、人事業界についてもタレントパレットについてもまだまだ勉強中です。
どちらも理解していないと、お客様と目線を合わせることができないと感じています。
そのため、今は仕事のスピードに遅れないよう、勉強し、実践し…、ということに日々尽力しています(笑)

「やれるところまでやりきる」という姿勢

PACの魅力
PACの魅力は“熱量”が高いところだと思います。
「最低限できればいい」ではなく、「やれるところまではやりきる」という姿勢に魅力を感じています。
それを誰か一人ではなく、全員が同じ姿勢でお客様に対し、社会に対し、社員に対しても全力で取り組んでいるところが魅力だと思います。
また、人間関係がかなりフラットな職場です。新卒・中途・事業部関係なく、交流が盛んで、意見や提案を出すことができます。そのような環境は、先輩方や執行役員の方々の人柄のおかげだと思います。

いつかは新しい角度からの新しい人事戦略をやっていきたい

チャレンジしたこと
「タレントパレットとコンサルタント、2つがそろって先進的な人事施策ができる」と思ってもらえる仕 事をしたいです。
先輩方のように、事例を紹介できるくらいの経験を積み、お客様の課題へのアプローチ方法・人事施策の 運用方法などを提案できるようになりたいです。
現在も沢山の案件に関わらせていただいていますし、自分で考えてミーティングの場で発言することも少 しずつ増えてきました。タレントパレットもどんどん進化しているので、自分も同じように進化しながら 、もっと経験を積んで、いつかは、新しい角度からの新しい人事データの分析・新しい人事戦略をお客様 と一緒にやっていきたいです。
 
 

「やりたいことができる職場」×「働きたい人がいる職場」

読んでる人に一言
まだ働き始めたばかりで、仕事選びのアドバイスができるような立場ではないですが、「一日のほとんど を過ごす仕事が、楽しくなかったらいやだな」「この人たちと話をするの楽しそう」という感覚は大事な 気がします。
私は、企業の規模や知名度は度外視して、「やりたいこと」が実現できる企業をいろいろ見て、その中で 「人・職場に惹かれる」企業に絞ってエントリーしました。私は、「やりたいことができる職場」と「働 きたい人がいる職場」の両方を叶えて今、仕事ができています。
両方が必ずしも一致するわけではないので、どちらを重視するかは人それぞれだと思いますし、就活の仕 方やスピード・考え方もいろいろです。
参考になるアドバイスがあればいいですが、自分の考え方に合うアドバイスが見つからなくても大丈夫だ と思います。気にせず、自分なりに考えて納得いく道を選んでいただければと思います。頑張ってくださ い…!

他の社員のインタビューをみる