社員インタビュー

2018

浜田 真希

HAMADA MAKI

タレントパレット事業部
セールスコンサルティンググループ
追手門学院大学・経営学部マーケティング学科

お客様の課題や
目的を聞いて考えながら提案する

仕事内容を教えてください
タレントパレットというタレントマネジメントシステムをお客様にご紹介する営業をしています。
営業といっても、やっと少し前に1人訪問デビューしたばかりなので、これからが本番ですが、 基本的に、展示会などでブースに立ち寄られていただいた名刺をもとに電話で改めて紹介する場をいただけないか説明をし、話を聞きたいとおっしゃっていただいた企業に訪問します。お客様の課題や目的をお伺いして、タレントパレットではその課題や目的をどのように解決できるのか、どのように実現できるのかを考えながら紹介・提案します。

自分の話に対して、あまり関心のなかったお客様がすごく興味を持っていただいたり、目をキラキラさせて「素晴らしいシステムだね!」なんておっしゃってくださることが、営業をやっていて楽しいと感じます。

お客様の反応に一喜一憂。
まだまだ毎日勉強!

仕事のやりがいや苦労したこと
機能に関しても提案方法にしても、まだまだ先輩方から勉強することばかりで、お客様の反応に本当に一喜一憂の毎日です。訪問の帰り道にもっとこう言えば良かったかな、とか反省することもしばしばあります。

しかし、その反省をもとに、次回の訪問でうまくいったら内心ガッツポーズ笑 また、受注したときは、へこんでいたことも立ち直れちゃうぐらい、こんなにうれしいんだなと感じました。PACは組織として営業をしているので、頼もしい先輩方に助けていただくたびに、もっと頑張ろうと思えます!

職種変更でチャレンジ!

チャレンジしたこと
大阪配属の分析コンサルタントから、東京配属の営業へ。入社して最初の配属は大阪支社での分析コンサルタントでした。しかし、東京で研修をしたり、ジョブローテーションで他の職種を理解していく中で、東京で営業をしてみたい!と強く思うように。しかし、チャレンジしたい!ということになかなか踏ん切りがつかず、部署や職種を問わずいろんな先輩に相談に乗っていただきました。

お話を聞くほど、PACはチャレンジすることを応援してくれる会社だからこそやってみるべきだと感じ、そこから三室さんと鈴村さんに猛アタックしました。笑

意思を尊重していただき、いまは東京本社で営業として働かせていただいています。自分で言い出したのだから頑張らないと!と少し気負っていた部分はあったのですが、「気負わずに楽しく働いてくれればいい」とおっしゃっていただき、まずは今できることを精いっぱいやり切るように意識しています。

自分ならではの
付加価値を出していきたい

これからの目標
とりあえずお客様に価値をちゃんと伝えられるようになりたい!その上で、プラスアルファの価値を出していけるようになりたいです。

紹介するだけなら覚えれば誰だってできることだと思います。そこに何をプラスアルファできるのかは自分の力量。先輩方のいいところを吸収して、お客様の話からいろんなことを学んで、どう提案したらいいのかを発見していきたい。 まずはちゃんとお客様に「タレントパレット」の価値を伝えられるように、その先の目標として、自分ならではの付加価値を見出していきたいです。

他の社員のインタビューをみる