社員インタビュー

2019

橋本 奈於

HASHIMOTO NAO

タレントパレット事業部
アドバンスド・セールスコンサルティンググループ
京都女子大学 家政学部 食物栄養学科

望んでいる将来像を実現したい!と思ってもらえたらいいな

仕事内容を教えてください
Talent Paletteというタレントマネジメントシステム(人事ツールです、調べてみてください)の営業をし ています。
…といっても9月迄は他チームでの研修を行っていたので、10月から先輩に同行しながら勉強させていただいているところです。
営業の基本的な仕事は、お問い合わせのあったお客様のもとへ訪問し、デモ画面を操作しながらタレントパレットを使ってできることを紹介します。
他には展示会・セミナーの準備から参加、そしてその後のフォローなどがあります。
新たなお客さんとの接点にもなるのが、社内でも営業の特徴かなと思います。
お客様の会社が抱えるお悩みの解決や、望んでいる将来像をタレントパレットでぜひ実現したい!と思っ てもらえたらいいなと思います。

もっとお客様をワクワクさせたい

仕事のやりがいや苦労したこと
展示会でお客様へタレントパレットをご紹介した際に「すごい!」と言って頂けたときは嬉しかったです 。
展示会での説明なので、数分での説明でそんなお言葉をいただけたので、もっとわかりやすい説明を練 習して、さらにお客様をワクワクさせたいと思いました。
また、先輩方はお客様先でもお客様の課題にあわせてタレントパレットを紹介しているので、より感動を 伝えられていて、自分でもそういう風に伝えられるようになりたいと日々努力をしています。
苦労していることは、元々ITリテラシーがないので、タレントパレットの機能とパソコンの操作に常に悩 んでいます。タレントパレットには出来ることがたくさんあるのに加え、おもしろい新機能も次々と開発 されるので追いつくのが大変です。日々やることが非常に多いので、タスクと時間の管理には苦労してい ます。私は仕事を頑張りつつ、家族や友人と過ごす時間も大切にしたいので、そのための仕事の仕方を日 々模索中です。悩んだり上手くいかないときは同期や先輩に相談をさせて頂いています。

頑張る人をサポートする環境

PACの魅力
PACの魅力は、頑張る人をサポートしてくれる環境があるというところです。
私は主務とは別でペンギンコンテストという新規事業企画の社内コンテストに参加し、入賞することがで きました。今は、その提案した事業を事業化に向けて企画を進めています。
その企画にあたり私はいつも様々な部署の同期・先輩方に相談し、たくさんお知恵をお借りしています。 先輩方は何の知識もなく入社したての私の質問に親身になって応えてくださるし、会社としてもサポート していく体制を整えてくださっています。
この環境がなければ、企画は既に頭打ちになっていたと思います。
このように主務の仕事だけでなく自発的な行動に対しての、先輩方からのサポートの手厚さがPACの魅力 だと思います。

営業も新規事業も両方諦めずになりたい自分を実現させたい

チャレンジしたいこと
お客様から、タレントパレットを使って会社のより良い未来を実現させよう、と思ってもらえるような提 案を出来るようになりたいです。そのためにお客様のためになる経験と知識を増やすことを頑張ります。
あとは今動いているペンギンコンテストの企画を実現させたいです。もともと、私自身の悩みを解決する ために企画したものなので。
どれも先輩方との連携を必要とするものなので、人との関わりを大事にして、最後まで諦めずに頑張ります。

ソリューションも人も面白い会社

読んでいる方にひとこと
PACは面白い会社だと思います。
まず作っているソリューションが面白いです。その成長も早く、次から次へと新情報が出てきて目まぐる しい日々です。
また働く人も面白いし、社内での過ごし方もかなり自由で、私自身も過ごしやすいです。
飲み会やイベントなど社内交流の機会が多く用意されています。こういう機会のおかげもあって、他事業 部の人に新規事業のことを相談しやすかったのかなと思っています。これは社長をはじめとした、会社創 設期の先輩方が作り上げて育んでくれた文化だなと思います。
自分に合いそうだな、と思った方はぜひ弊社への応募をお待ちしています。

他の社員のインタビューをみる