社員インタビュー

2018

平野 純菜

HIRANO JUNNA

見える化エンジン事業部
見える化・ソリューション開発グループ

すべての職種を経験することで
見えてきた「働く」ということ

仕事内容を教えてください
他の職種を知る、他の職種の人と仲良くなるという目的でジョブローテーションを行い、他の職種も経験しました。
営業、コンサルでは実際にお客様へのプレゼンや、導入後のトレーニングの講師などをさせてもらいました。

その中で感じたのは、「お客様の声が見える化エンジンの核になっている」ということ。
お客様の声が見える化エンジンの核になっているので、お客様の声をしっかり見える化できるように、開発に戻ってからさらに頑張りたいと思うようになりました。

作るという楽しさ

仕事のやりがいや苦労したこと
初めて自身が書いたプログラムソースがお客様の環境に反映されたときは嬉しかったです。 今回は、まだ先輩が作ったものに対して自身が付け加え、修正するだけにとどまっていますが、お客様が実際に使ってくださる新しい機能を自分が一から開発できたら、お客様の反応もより感じる事ができるはずですし、もっと開発が楽しくなるだろと思っています。

今は、分からないことも多く苦労しますが作るという楽しさを忘れないように日々取り組んでいつか大きな新機能を作りたいです!

就活の軸は
「自社開発であること」と「人柄」

入社の決め手
私には就活を行う際に見ていた軸が2点ありました。1点目が自社開発であることで、 PACではどのソリューションもすべて自社開発で行っており、社内には多くの一流プログラマーがいるためここで開発者として自分を成長させていきたいと思いました。

そして2点目が人柄・雰囲気であり、一次面接・二次面接ではどの会社の面接よりもリラクッスして自分らしく受け答えできたという印象があり、内定は複数頂いていましたが自分にはPACが一番合ってそうだと感じ入社を決めました。

先輩、上司方の人柄

PACの魅力
ペンギンコンテストのような若い内から多くの経験をさせてくれるというのももちろんありますが、一番は先輩、上司方の人柄だと思います。

ローテーションの短い期間でも各職種を深く知ってもらいたい、という先輩方の気持ちから優しくサポートしていただきながら開発ではできないような新規顧客への提案や既存顧客への活用支援など多くの経験をさせていただくことができました。 このような優しく思いやりのある先輩・上司が多いことがPACの魅力だと思います。

開発未経験で入社

今このページを見ている人へのメッセージ
開発未経験で入社して、本当にわからないことだらけでした。

でも何を質問しても優しく教えてくださって、そんな先輩方がいるので日々頑張ろうと思えます。もし興味はあるけど知識がないからこの職種は諦めようかな、などと思っている方がいたら諦めずに挑戦して欲しいと思います。

他の社員のインタビューをみる