社員インタビュー

2019

松本 悠哉

MATSUMOTO YUYA

タレントパレット事業部
新機能差別化開発グループ
東京大学大学院 人文社会系研究科

新機能開発と最先端技術調査

仕事内容を教えてください
タレントパレット事業部の開発エンジニアとして、新規機能の開発や既存機能の改修をしています。
また、AIやテキストマイニングを含めた最先端技術について調査するグループにも所属しているため、 役立ちそうな技術を調べたり、サンプルとなる簡単なアプリを作ったりといったこともしています。

作った機能の反応が返ってくることが嬉しいしやりがい

仕事のやりがいや苦労したこと
プログラミング未経験で入社したので、開発に慣れるまではやはり大変でした。
少しずつ慣れてきて最近は難しい機能の実装にも取り組むようになってきましたが、タレントパレットは人事データというセンシティブな情報を扱う以上、小さなバグが大きな問題になってしまう可能性があるので、様々な可能性を考えながら苦労しつつ取り組んでいます。
利用シーンを考えながら一つ一つ問題のありそうな部分を確認していくのは大変ではありますが、面白くやりがいのある部分でもあります。
また、日々のプログラミングの中で成長を感じられることにやりがいを感じます。まだエンジニアとしての経験は浅いですが、その分業務の中で多くのことを学ぶことができ、以前学んだ書き方を応用して良いコードが書けたときなど、自分の成長を感じることができて嬉しくなります。
開発した機能を実際にお客様に使っていただける時もとても嬉しいです。
エンジニアが直接お客様と関わる機会は少ないですが、他の社員を通して喜びの声を聴くことができた時が一番嬉しい瞬間です。
タレントパレットは社内でも使用しているツールなので、社内からの要望で作った機能は特に反応が多くてやりがいがあります。

社員の仲の良さに驚いた

入社してからのギャップ
社員の仲の良さは説明会や面接で聞いていましたが、実際に入社すると仕事・プライベー ト問わず思っていた以上の仲の良い様子に驚きました。
また、単に食事や遊びに行くだけでなく、社内でイベントとしてレクリエーションをしたりゲーム大会をしたりと、イメージしていた社会人像と良い意味でギャップを感じました。

「こんなことまでできるなんて!」と感動してもらいたい

チャレンジしてきたことと、これから
顔認識AIを使ったモバイルアプリ作成の技術調査をしようという話になったとき、手を挙げて担当させてもらいました。
顔認識AIもモバイルアプリも関わったことがない中で探り探りでしたが、アドバイスをもらいつつ、勉強しつつで無事に実施することができ、大きな経験となりました。
今のところ既存機能の改修や既存機能への機能追加がメインですが、将来的には目玉となる機能を丸ごと作れるようになりたいです。特に、新しい技術やアイデアを取り入れ、お客様の予想を超える機能を作れるようになりたいです。
「これがやりたかった」を飛び越えて、「こんなことまでできるなんて!」と感動してもらい導入の決め手になるような機能を作ることが目標です。

入社前には想像できなかったほど様々な経験ができる

読んでいる学生にひとこと
PACはBtoBの企業ということで知名度こそ低いものの、とても魅力的な企業だと感じています。
様々なことにチャレンジし、成長できる機会がたくさんあります。
入社して1年経ちますが、この1年間で入社前の自分には想像できなかったほど様々な業務を経験できました。
難しいことにチャレンジする分業務は大変ですが、社風と社員の良さで頑張れます。
成長したいという方にはとてもおすすめの企業です。縁があったらまたお会いしましょう!

他の社員のインタビューをみる