社員インタビュー

2019

住谷 七海

SUMIYA NANAMI

見える化エンジン事業部
セールスコンサルティンググループ
法政大学 経営学部 市場経営学科

見える化エンジンの価値をいかに伝えるか

仕事内容を教えてください
見える化エンジンのセールスコンサルタントをしています。
見える化エンジンにご興味を頂いた企業や担当者様に、興味をお持ちいただいた背景や活用の課題など会話をしながら伺い、それに対して機能や活用 方法を説明し、どのように活用いただけるかを話し合いの中から見つけていきます。
お客様によって課題や活用の可能性が異なるので、お客様にあわせて提案をしていくことが求められます。
見える化エンジンは付加価値ソリューションになるので、見える化エンジンを活用することが、お客様にとっていかに価値のあることなのかをうまく説明し、理解・納得いただく必要があるところが難しくもあり、今まさに挑戦しているところです。

機能が豊富で可能性が多いソリューション

仕事のやりがいや苦労したこと
お客様が、PACのソリューションで困っている現状を解決できると感じていただけると嬉しくなります。
見える化エンジンはリリースしてから10年以上たっていて、既に1600社以上の導入実績があるので、お客様のお困りごとから生まれた機能が数え切れいほどあり、今ではどのような状況のお客様でも豊富な機能を駆使して解決策を提案できるので、お客様の可能性を無限に広げることができる仕事だと感じています。
ただ、機能が多い分、見える化エンジンの勉強も大変です。
また、1度に対応するお客様も1社ではなく複数社が同時に動いているため、いくつもの業務や複数のお客様と連絡を並行して行わなければならないことに慣れず、マルチタスクに苦労しました。
1つ1つの業務については先輩方が丁寧に教えて下さったので、苦労はしましたが今では前よりだいぶいろいろとこなせるようになってきたところです。

分析結果をお客様に褒められたことが印象的だった

褒められた瞬間
お客様のお困りごとが見える化エンジンによって解決できるということを実感していただくために、時にはこちらで試験的に分析を行い、レポートを持ってお客様に提示することもあります。
まだ1年目でも先輩がやってみたら?とチャンスをくださるので、私が実際にデータを分析してレポートにまとめてお客様先にお持ちしたケースもいくつかあります。
もちろん、お客様にお出しする前に何度も社内で先輩や上司の方とミーティングさせていただき、途中経過の状況を見ながら沢山のアドバイスをいただいて進めたのですが、最後まで自分でレポートをまとめ、それをお客様にお見せしたときにお客様の反応が良く褒めていただけた時は非常に印象に残っています。価値が伝わったと感じた瞬間でもありました。

細かいことでも質問をして自分の中に吸収する

こだわっていること
仕事ではまだまだの段階ですが、たとえ他の人が気にしないような細かなことでも、そのままにせずに質問するようにしています。代表的なものから覚えようと考えすぎてレアケースを知る機会がなくなってしまうのはもったいないと思うからです。
機能が豊富だからこそ、細かいところも一つ一つ大切に自分の中に吸収していこうと考えています。
私生活では、普段はインドアなので思い立った機会を逃さずに、思い切って遠出するようにしています。
直近では、会社の近くの竹芝からの船で大島にいきました。ハマってしまって半年で2回も行って言ってしまいました。

「すごくいいな」と思われた方、是非一緒に働きましょう

読んでいる方にひとこと
プラスアルファ・コンサルティングを知ってくださった皆さんが、「プラスアルファ・コンサルティングってちょっといいな」と感じていただける会社になれていたら嬉しいです。
もし、「すごくいいな」と思われた方、一緒に働くことができたらとても嬉しいです。
ソリューション自体がとても魅力的だし、社員の人柄も本当に良いので、大変なことはあるけれど、働きやすい環境だと思っています。
皆さんとお話できることを楽しみにしております。

他の社員のインタビューをみる