社員インタビュー

2016

高木 渓汰

TAKAGI KEITA

カスタマーリングス事業部
マーケティングコンサルティンググループ

分析の
プロフェッショナルとして

仕事内容を教えてください
カスタマーリングスの分析コンサルタントとして、導入していただいている企業様向けに活用支援をしています。ここ1年はマーケティングコンサルチームに配属され、見える化エンジンとカスタマーリングスの両方を導入されている企業様のデータを連携し、カスタマーリングスに囚われずデータ分析をしています。

勉強会やセミナーの企画から運営、講師の実施も行っています。でも一番楽しいのは、外出で、いろんなお客様に会えるのが楽しいです。

お客様に
喜んでもらえるのが嬉しい

仕事のやりがいや苦労したこと
今は分析を自分で1から行っているので、産みの苦しみというのはあります。お客様の課題も具体化されていない事が多いので、整理して課題内容をしっかり考え、その上で提案を生み出す、このプロセスは大変です。

でも、実際にお客様と対面で話して喜んでもらえたときはとても嬉しいし、提案したものが担当者だけでなくお客様の社内で評価されたり、カスタマーリングス全体を褒めてもらえるのでとてもやりがいを感じます。

ポイントは
「成長できる環境か」

入社の決め手
工学部土木科で、建築関係を学んでいました。でも、嫌になっちゃったんですかね笑

もともとパソコンは苦手ではなかったし、研究室は経済寄りだったので就活の時は「IT」とか「ベンチャー」とかを主に見ていました。面接の時から、「若いうちから色々経験できる環境だよ」と聞いていました。

PACの魅力は有言実行しているというところで、今年はカスタマーリングスのユーザーが集い、事例共有や交流を行うDMフォーラム会で、僕が担当としてコンサルティングした企業様の施策について発表させていただきました。課題解決のための提案から始まり、その提案を実行し結果までをたくさんのお客様の前で発表したことで僕自身の成長を感じることができました。

ある意味お客様の
「ブレーン」になれれば嬉しい

叶えたい夢
今までカスタマーリングスでは、通販業界のお客様が主だったのですが、顧客がいる業界ならCRM(※1)はどこにでも

必要なものなので、コンサルタントとして分析や施策で、その結果が評価されるのが一番嬉しいですね。今は、上長に「言われたこと以外に何かしら尖ったアウトプットを持っていくように」と言われ、それを実践している。大変だけれど、持って行ったアウトプットがお客様に刺さった瞬間は、仕事の遣り甲斐を感じる瞬間でもあります。まだまだ通販以外にもたくさんカスタマーリングスが活躍できる場はあると思うので、そういう世界にも広げていって、ある意味、お客様のブレーンになれれば嬉しいなと思っています。

大切なのは
「基本」を学ぶこと

今このページを見ている人へのメッセージ
入社1年目から大企業のお客様と関わることができたり、新規事業の提案をして採用されプロジェクトリーダーになるなど、PACでは「チャレンジ」できる場面が多くあります。

僕もそこを魅力に感じて入社しました。でも、働くうちに感じたのは、基本の大切さ。基本ができているからこそ、新しい取り組みにチャレ
ンジして成功することができる。僕はそう思います。

他の社員のインタビューをみる