社員インタビュー

2016

玉澤 佳帆

TAMAZAWA KAHO

タレントパレット事業部
新機能差別化開発グループ グループマネージャー
専修大学 経済学部 国際経済学科

タレントパレット機能全般の仕様を考える

仕事内容を教えてください
私は、タレントパレットを開発しているグループのマネージャーを務めています。
マネージャーではあるのですが、もう一つの顔として、社内で“IM(アイエム)”と呼ばれる職種も担っており、タレントパレットが多くのお客様のお役に立つには今後どのように進化をしていくべきか、どういう機能を実装すべきかを考える仕事をしています。

ロードマップと新機能計画

タレントパレット機能全般において仕様を考える年間のソリューション目標をもとに新機能を考えます。既存のお客様からの要望をコンサルメンバを通して理解し、言われたものを作るのではなく、そういった声からより汎用的に多くのお客様が利用できる機能を考えていきます。
その他にも営業案件にも同行し、競合との差別化を考えるなど、お客様の課題解決や目的達成を実現できるように提案の手助けをしています。
それらを経て、どの機能をいつにリリースするか、バージョンアップでの目玉機能を何にするのかを決め、開発メンバに開発タスクを割り振っていくのもIMの仕事です。開発リソースは限られているので、状況に合わせ優先順位を考えて臨機応変に対応していきます。

品質管理

いわゆるQAエンジニア、とまではいきませんが、リリース前の品質チェックや仕様の最終確認を行います。
また、実装段階において見落としがないか等もチェックします。
トラブルが発生した時の対応をまとめる仕事もします。状況の整理、報告、今後の対策まで考えて対応します。

マネージャー

チームでのタスクの進捗管理も行います。まだマネージャーになって日が浅いので、タレントパレットの 開発チームの目標を達成できるように日々奮闘中です。

本当にいい製品だと思える製品の開発に携われていることが幸せ

仕事のやりがい
私は結構正直者なので、いいなぁと思う商品じゃないと正直お客様にもおすすめできません(笑)
でも、タレントパレットや他のソリューションもそうですが、PACの製品は本当にいい製品だなと思っています。
自分自身がプログラムを書いているわけではないですが、その製品の機能開発部分に携われているのは私の中ではとても幸せなことです!
ただ、楽しいことばかりではなく、仕様を考えるうえで悩むこともたくさんあります。
バージョンアップ後には社内向けに新機能説明会を行うのですが、その時に「今度お客様に紹介してきます」や「とても便利になりました」などポジティブな反応をしてもらえたときに、それまでの疲労が(笑)安堵に変わります。
やってよかったなぁと思う瞬間です。そして、同時に次も頑張ろうと思えます。

コンサルタントから開発へチャレンジ

苦労したこと
もともとは別ソリューションのコンサルタント・サポートメンバでした。
当時のコンサルの業務を通して、ソリューションの成長(≒開発)に興味を持ち、2年前に自分の熱い(?)思いを社長たち経営陣に伝え、タレントパレットの開発へ異動してきました。
まずは製品そのものを0から学ぶことはもちろんですが、開発メンバとのコミュニケ―ションをとるためにはまずは触ってみようということでコードを見たり、勉強したり専門用語や仕組みを理解したりするのに苦労しました。
どれも初めてやる業務の中で、特に苦労したのは(今もそうですが)、今の私のIMという仕事で任されている部分でもある“実現できること・できないこと、実装すべきこと・そうでないこと”の切り分けの判断をする際に、技術的な視点、お客様の視点どちらにも偏ることなく中立した立場としてどう判べきかはいまだに苦戦します(笑)

とにかくポジティブに楽しく仕事をする!

こだわっていること
とにかくポジティブに楽しく仕事をしようと思っています!!
暗い気持ちで幸せは舞い込んでこないと考えているからです。
ただ、もちろん楽しく仕事はしていますが、ピリッとすることもあります。
楽しみながらも「やるときはやる!」。そして、「失敗しても引きずらない!」「失敗した分挽回する!」とどんなときにもポジティブに取り組んでいます。
あとは仕事以外でも夢中になれることを必ず持っています。その時によって熱中するものは様々ですが不思議なことに、仕事以外に熱中するものがあると仕事がはかどります。メリハリができるからかなぁ…?
今は筋トレにはまっているので、そのために仕事を効率よくテキパキ進め、平日も時間を作れるようにしています。

自分次第で挑戦する環境は整っている!

読んでいる方にひとこと
おそらくPACをどこかで見つけて、見てくれていると思うのですが、成長したいな、変わりたいなと思う人にとってはとてもいい環境だと思います。
ただ、PACに入社したからといって必ず成長できるわけではないです。
自ら考えて、失敗を恐れず行動する必要があります。
失敗を恐れながらでも、挑戦できる環境は整っていると思います。人前に出たり、発言したりするのが苦手な私でも少しずつですが変われました。
それは、入社当初の目標だった”とにかく成長したい!”という気持ちを今でも持っているからです。
やるもやらないも自分次第!!
世の中のいわゆる大手企業に比べたら足りないところ、まだ整っていない部分も正直あると思いますが、いつか振り返ったときに企業のターニングポイントに自分がいたら…と思うとわくわくしませんか?
爆速成長中のPACですので(笑)
みなさんの入社をお待ちしております。

他の社員のインタビューをみる