社員インタビュー

2017

谷口 大剛

TANIGUCHI MASAYOSHI

カスタマーリングス事業部
技術・活用コンサルティンググループ
日本大学 商学部

お客様の導入支援や新しい機能を
考える仕事にもチャレンジ中

仕事内容を教えてください
新卒時からカスタマーリングス(以下CR)で分析コンサルタントとして、CRを導入いただいたお客様に導入支援作業を行っています。またCRMと+αで新しい市場を作っていくための新しい機能や、仕様を考える ※IM(イマジニア)としての仕事も行っています。

元々IMは、開発チームでの仕事の側面が強かったのですが、やりたい!と強く志願し、チャレンジさせてもらえるようになりました。世の中の動きや顧客のニーズをしっかりキャッチアップしながら、他のコンサルタントや開発のメンバとしっかりコミュニケーションして、話し合いながら機能を考えるという、少し難しいけれどやりがいのある仕事に携わらせてもらえています。

※ imagineer の略。Imaginationと enginieer を組み合わせた造語で、PACでは、新しい目玉機能を考えたり、ソリューションの成長と可能性を広げていく仕事。

社長ってどんな人?の回答で
「ここなら楽しく働ける」と感じた

PACを選んだ理由
就活のときに軸としていたことは、ベンチャー企業かつ今後成長性のある業界かどうかです。
その上でいろいろな企業を受けてみましたが、いろいろな企業を訪問した中でベンチャー企業では「社長がどういった人物なのか」によって会社の雰囲気が異なることに気づきました。

そこで、最終面接(役員面接)では必ず「社長ってどんな人ですか?」「どんなところが凄いのですか?」と聞いていました。(今思うと失礼かもしれないけれど…)

その中でもPACでは役員、副社長が社長を目の前に、多少照れながらも(社長はかなり照れていましたが…) 良いところだけでなく、直してほしいところまでも楽しそうに喋ってくれました。 終始お互い楽しそうに笑いながら話す姿をみて、この人達となら多少辛いことがあっても楽しく仕事ができそうだと思い、また他の社員の方々とも会話をしてみる中でそれを確信し、入社を決めました。

チャンスがあれば手をあげる!

意識していたこと
入社した時から常にチャンスがあれば手をあげる、進んで何事にも取り組むということを意識して仕事に取り組んでいました。
最初はわからないことも多く、大変なこともたくさんありましたが、結果的に同期よりもたくさん良い経験をすることができたと思っています。
「やった分は絶対に無駄にならない」「いろいろ経験しないと自分パフォーマンスが向上しない」と思っているので、これからもたくさんのことにチャレンジしていきたいと思っています。

年次や社歴に関係なく
意見を聞く文化がある

PACの魅力
PACでは年次、社歴に関係なく意見を聞いてくれる文化があります。「新卒だから」というのは関係なく、やりたい!という意思を伝えれば、 1年目から様々なことにチャレンジできますし、多くのことを経験できる機会があります。

福利厚生も充実していて、社内では自販機や軽食が無料だったり、社外では様々な施設(某テーマパーク等)を半額程度で利用できたりもします。 また打ち上げや決起会等の飲み会が無料であるというのも、社員同士のコミュニケーションを大事にしているPACならではの文化だと思います。

そこで働く「人」をみてほしい

今このページを見ている人へのメッセージ
就活はなかなか思い通りに行かないことが多いと思います。(私もそうでした)。
大変なこと辛いことが続くと「どこでもいいから内定がほしい」と思うこともあるかもしれません。

しかし、内定をもらうこと、就職することは「スタート」であって「ゴール」ではありません。

就活を通し「自分はどうなりたいのか」「どう生きたいのか」を見つめ直してみると就職後にミスマッチが起こりにくいかと思います。 最後に、就活では必ず、そこで働いている「人」を見ることをおすすめします。 一緒に働く人たちは、友達はもちろん家族よりも長くいることになると思うので、 どういった人と一緒に働くことになるのかを、就活の際にしっかりと見ておくと良いと思います。

他の社員のインタビューをみる