Kiccoe Survey
調査を通して、消費者、お客様の声を聞く定量・定性分析を可能にしたリサーチサービス

SERVICE

Kiccoe Surveyは、1500社が採用したテキストマイニング「見える化エンジン」のテキストマイニング技術をネットリサーチに組み込んだ調査・分析が一体となった新たなネットリサーチサービスです。

テキストマイニングを搭載することにより従来の定量中心の調査はもちろん、その回答に至った 背景まで理解し、より深く顧客を理解することが可能です。

さらに、高度なアンケート分析を搭載しつつも従来のネットリサーチ同等の価格で提供することにより 多くの企業で定量・定性の両軸での顧客分析に取り組みやすい環境を提供いたします。

初心者でも簡単にアンケート作成

直感操作と視覚的に確認できる画面により、基本設問やSA(シングルアンサー)、FA(フリーアンサー)、MA(マルチアンサー)、分岐設問など、本格的なアンケート調査が簡単にできます。
最短2日でサンプル回収が可能なため、スピーディーに調査を進めることが可能です。

実装可能な項目

  • 基本設問
  • 単一回答
  • 複数回答
  • 自由回答
  • マトリクス
  • 画像アップロード

定量・定性の両面で分析

業界シェアNO1のテキストマイニングツール「見える化エンジン」に搭載されている言語解析技術を使うことで、定量集計だけでなく、定性分析も可能です。通常のネットリサーチでは難しい自由記述式の回答の分析が手軽に行えます。

見える化エンジンの詳細はこちら

分析機能付きで低価格

1サンプル1設問10円と、分析機能付きネットリサーチサービスとしては業界最安値でご利用いただけます。
例えば100サンプル5問の場合、10,000円で実施可能です。

MONITOR

充実した属性を持つ、国内最大級の約1,080万人のモニターを保有しているため、特定の属性を対象とした調査や、スクリーニング調査による任意の条件でのモニター抽出など、ターゲットを絞った調査でも十分なサンプルを集めることが可能です。

Kiccoe Survey パネル品質管理プロセス

  • 業界最高水準の回答
    品質管理を実現

    不正回答者を抽出し、フラグ立てによる配信除外管理を実現しています。

    不正回答の種類
    1. 登録属性と回答属性の不一致
    2. 短時間回答 (平均解答時間と比較して大幅に回答時間が短い)
    3. ストレートライナー(同じ選択肢が続けて選ばれている)
  • 重複のない調査パネル
    としてご利用可能

    事前にパネル間の重複を除いた形でのサービス提供を行っております。
    重複を除いているため、同じモニターが複数回答することはありません。

    重複確認方法
    1. 独自のシステムによる重複確認
    2. 全数調査の回答者から3点(性別 / 生年月日 /郵便番号)をAND条件で重複確認
  • 全てのモニターから
    調査協力のパーミッション取得

    協力会社のパネルネットワークを「Kiccoe Survey」の モニターとしてご利用いただき、お手元でアンケートの設計・配信から、 分析までワンプラットフォームで行う事が可能となります。

  • モニターのトラッキング管理が可能
    (今後実装予定)

    モニターIDでモニタ管理を実施しているため、 今までは難しかったモニター単位での管理が可能に。 これにより、モニターのトラッキング調査が可能になります。

SURVEY DESIGN

スクリーニング調査

本調査の対象者を抽出するために行う調査です。実際の調査を行う前にスクリーニング調査を行うことで、対象者を適切な人に絞り込むことができます。
スクリーニング調査を行った場合、特定の回答を選択した人のみ本調査に進むことができます。

分岐設定

回答内容に応じて次に質問する内容を条件分岐します。特定の回答をした人に対してより詳しく質問したいときに有効です。分岐マップで視覚的に構成を確認することも可能です。

ランダマイズ

選択肢などの提示順によって回答傾向への影響をなくすために、回答者ごとに選択肢や質問の順番を変更します。

属性割付・絞り込み

属性条件による配信対象の絞り込みや、属性ごとの配信数の割り付けに対応しています。属性割付では属性ごとの偏りを少なくしたり、自社の顧客層と同じ比率で調査をすることが可能です。

ANALYSIS

定量分析

クロス分析

2つの属性をかけ合わせて集計し、異なる属性間での回答傾向を比較します。
扱うデータによってグラフの種類を変更することも可能です。

CS評価マップ

個別の満足度が総合評価へどれくらい影響力があるかを抽出します。
縦軸は対象設問の満足度で、上にいくほど満足度が高いことを表しています。
横軸は満足度がどれくらい総合満足度に影響しているかを表し、右にいくほど影響が高いことを表します。

定性分析

頻出単語・係り受けランキング

自由記述の回答から、出現度の高い単語や、「何」が「どうした」といった係り受けをランキング形式で表示します。さらに、特定の単語や係り受けについてどのようなことが発言されているかを単語マップで確認することが可能です。

特徴比較マップ

性別や年代など、属性別での発言傾向を比較します。
属性データを利用して、青色の円は、属性データを表示しています。 青色の円は属性を表しており、各属性に紐づいている黄色の円は、 その属性で特徴的に出現しているキーワードを表示しています。 緑色の円は、複数の属性で特徴的に出現している、共通のキーワードを表示しています。

共起ワードマップ

上位発言の単語を話題ごとにマップ図で表示し、どのような話題があるのかを把握することが可能です。 青色の円は単語ランキング上位の単語、緑色の円は青色の円と紐づく単語を示しています。

話題分類

単語や文字列を条件とした独自の分類軸を作成し、テキストの話題分類をすることが可能です。
話題別の発言内容や傾向を比較をする際に有効です。

単語と係り受けを条件とした話題分類(今住んでいる自宅の満足度に対する理由)

グループ名 条件
収納 収納
日当たり 日当たり
間取り 間取り
立地・治安 立地、周辺環境、治安、駅ー近い、駅ー遠い、場所ー便利だ、場所ー不便だ
耐震 耐震、地震

クロス分析(性別×話題分類)

1つの属性の集計だけでなく、2つの属性をかけ合わせた集計を行うことが可能です。 独自に作成した話題分類軸を使った集計も可能です。

話題別発言ランキング

属性別に特徴的なワードをランキングで表示します。各属性でどのようなことが発言されているか、発言に違いがあるのかを一画面で比較することが可能です。

画像分類

回答時にアップロードされた画像情報を解析することで、自動的に画像タグを付与し、画像分類することが可能です。また、目視で画像分類を行い、目的に合わせた画像分類軸を作成することも可能です。
テキストからは把握が難しい、撮影時の状況やシーンを把握したいときに有効です。

「シーン別」で話題分類

デフォルトレポート作成・出力

調査終了後、集めた回答をもとに分析レポートが自動で作成されます。 レポートは画面上での表示だけでなく、pptなどで一括で出力が可能なため、 調査終了後にすぐに調査結果を把握することができ、報告・プレゼン資料の素材としてすぐにご利用いただけます。

PRICE

価格表

スクリーニング価格体系(7問以内)

単位:円(税別)
サンプル 5000 10000 15000 20000 25000 30000 35000 40000 45000 50000
7問 39,000 65,000 91,000 117,000 143,000 169,000 195,000 221,000 247,000 273,000

本調査価格体系(1,000ss〜5,000ss / 10問〜50問)

単位:円(税別)
サンプル 100 300 500 700 1000 1500 2000 2500 3000 3500
10問 10,000 30,000 50,000 70,000 100,000 145,000 190,000 235,000 280,000 320,000
15問 15,000 45,000 75,000 105,000 150,000 217,500 285,000 352,500 420,000 480,000
20問 20,000 60,000 100,000 140,000 200,000 290,000 380,000 470,000 560,000 640,000
25問 25,000 75,500 125,000 175,500 250,000 362,500 475,000 587,500 700,000 800,000
30問 30,000 90,000 150,000 210,000 300,000 435,000 570,000 705,000 840,000 960,000
※サンプル数は100単位でご相談可能です。
open

Kiccoe Surveyのネットリサーチに関するお問い合わせ、
お申し込みはこちらから

お問い合わせフォーム