キャリア教育とは?重要性や企業との関係を解説


キャリア教育とは?重要性や企業との関係を解説

キャリア教育とは、若者が将来的に役立つキャリアを形成するための教育です。

本記事ではキャリア教育の概要や重要性、企業との関係を詳しく解説していきます。現代社会ではキャリアは重要ですので、ぜひご覧ください。

こんにちは。人事・経営に役立つメディア「タレントマネジメントラボ」を運営する「タレントパレット」事業部編集チームです。

キャリア教育とは、子どもや若者ひとりひとりが将来的に役立つキャリアを形成するための教育を指します。現代社会において、「キャリア」は重要な意味を持ち、優れたキャリアを持つ者は優秀な人材とみなされ、就職や転職にも有利に働くでしょう。

本記事ではキャリア教育の概要や重要性、企業との関係を詳しく解説します。

キャリア教育を簡単に説明すると?

キャリア教育は、子どもや若者が将来生きていく力として必要な「キャリア」を形成するための教育を指します。近年「キャリア」という言葉は、主にビジネスシーンで使われるようになりました。

ひとりひとりが社会的地位を獲得し、自立していくことを目標にしたキャリア教育は、様々な働き方が選択できる現代においては必要な教育といえるでしょう。社会的地位を確保し、自立するためには基盤として専門的な能力や知識が求められます。職種や役職によって求められる能力は異なりますが、全員が公平な評価を受け、昇進・昇給を得るためにもキャリア形成は重要な意味を持ちます。

キャリア教育の目的とは?

キャリア教育を行う目的は、主に以下の3つです。

  • 社会で生きていくのに必要な力を身につけるため
  • 自分の将来や職業について考えるきっかけをつくるため
  • 将来と勉強を結びつけ意欲を高めて勉強に励むため


子どものうちから「キャリア」といわれてもイメージしづらいのではないかと思われる方もいるでしょう。しかし、日々学校で勉強を行っている子どもだからこそ、早期的にキャリアについて学ぶ必要があるといえます。

社会で不自由なく生きていくためには、企業への就職や自営業を営むなどが必要になるでしょう。そのためには、企業や仕事に必要とされる能力や知識を習得しなくてはなりません。

子どもが習慣的に勉強をするという行為は将来自分の身を助ける行為であることと深く関係しているため、キャリア教育が用いられています。

文部科学省がキャリア教育を提唱した背景

文部科学省がキャリア教育を提唱するようになった背景として、社会情勢や他国との関わり方が影響しています。20世紀後半には情報化社会が進み、社会や経済、産業環境の在り方が大きく変化しました。またグローバル化も進んだことにより、日本の在り方は新しい形となって教育に対しても新たな変革が生まれました。

学校教育では、一般常識程度の教科書学習しか行っていなかった事態に懸念を抱き、「誰もが将来満足に生きていけるように」とキャリア教育が提唱されたのです。

学校にはキャリアカウンセラーや担当者を配置している

文部科学省がキャリア教育を提唱し、世間的に注目されるようになってから多くの学校がキャリア教育導入の取り組みを始めました。キャリアに関するプロがキャリア教育を行うのが子ども達のためになると考えている学校も多いので、キャリアカウンセラーや専門の担当者を配置している学校もあります。キャリアカウンセラーや担当者を配置することにより、子ども達は「将来何がしたいのかわからない」「進路が決まらない」などの相談ができるようになります。

しかし、他国と比べて日本は小学校・中学校・高校合わせても全体の数%しかキャリアカウンセラーの配置が進んでいないのが現状です。

キャリア教育と職業教育や進路指導との違い


キャリア教育と類似している言葉として、職業教育や進路指導などがあります。いずれも学校教育において頻繁に使われる言葉で、子どもが豊かな将来を生きていけるようにという思いから生まれました。そこで、キャリア教育と職業訓練・進路指導との違いについて詳しく解説します。

キャリア教育と職業教育の違いとは

職業教育とは、特定の職業に必要とされる知識や能力を身につける教育を指し、キャリア教育よりも範囲が狭く、一定の職業に特化しているのが特徴です。例えば、営業として働くことを考えた場合、コミュニケーションスキルやビジネスマナーを学べるのはキャリア教育で、純粋に営業利益を出すためのテクニックや話術、商品知識を学べるのが職業教育です。

どちらも社会で生きていくために必要な能力ですが、キャリア教育で学ぶ知識の方がどのような職業にも通用するといえるでしょう。

キャリア教育と進路指導の違いとは

キャリア教育と進路指導は、「どのような生き方をしたいか」にゴールを定めるという点が共通しています。キャリアについて考える時、「どのような職業に就きたいのか」「どのような仕事を任されたいのか」「将来どのような自分になりたいのか」ということを考えるでしょう。進路指導は、キャリアのゴールを目指すためのプロセスに対する指導であるため、広い意味ではキャリア教育と同じ意味を持つといえます。

一方進路指導は、文部科学省が定めた学習指導要領上、中学校と高等学校に限定された教育活動です。そのため幼少期から高等学校までと長い期間の指定があるキャリア教育とは、やや異なる性質を持ちます。

キャリア教育が重要な理由とは?

学校でのキャリア教育により「将来なりたい自分」のイメージを膨らませるだけではなく、学校での学習に対しても「意味があるもの」と考えられるようになります。特に現代では、実力社会に変化しつつあるため、社会で生きていくための力を小学校・中学校・高校と段階を踏んで身につける必要があるでしょう。

そこで、キャリア教育が重要な理由について詳しく解説します。

子どもが将来を考えるきっかけになる

子どものうちから将来を考えるのは重要です。大学に進学する場合もそうでない場合も、将来の職業を現実的に考えることが必要です。

子どもの学習意欲につながる

キャリア教育によって、学校で学ぶ内容が将来の役に立つ意味のあるものだと認識できるようになります。子ども自身は、学校や塾で強制的に勉強する環境にいるため勉強をしていると思っている場合もあるでしょう。

そこでキャリア教育では、なりたい自分を子ども達にイメージさせるとともに、実現するためには具体的にどうしたらよいか提示します。将来と学業を結びつければ、子どもの学習意欲を向上させられるでしょう。

社会で生きていくために必要な力が身につく

子どもが大人になり社会で生きていくためには、あらゆる能力が必要です。一般的に新卒で入社した企業では、まず新人研修が行われます。しかし、現代社会では日々の作業量の多さや人手不足により、新人研修に充てる時間と労力が足りていない現状です。

そこでキャリア教育を実施しておけば、本来企業内研修として行われる社会人としての基本的な知識を習得できます。企業における新人研修の代わりの場としても、キャリア教育は有効といえるでしょう。

キャリア管理だけで終わらない、あらゆる人事データを統合して分析

時代は人材情報「管理」から人材情報「活用」へ!
タレントマネジメントシステム『タレントパレット』で、様々な経営課題と向き合えます。
・あらゆる人事情報を一元集約
・人材の見える化で埋もれた人材を発掘
・AIシミュレーションで最適配置を実現
・簡単操作で高度な人事分析が可能
⇒タレントパレットの資料を見てみたい

キャリア教育で育成する能力とは?

キャリア教育では主に以下の4つの能力を育成します。

  • キャリア教育の人間関係形成・社会形成能力
  • キャリア教育の自己理解・自己管理能力
  • キャリア教育の課題対応能力
  • キャリア教育のキャリアプランニング能力


それぞれの4つの能力について詳しく解説します。

キャリア教育の人間関係形成・社会形成能力

人間関係形成・社会形成能力は、他人の考えや意見、立場を理解した上で、自分の意見を正確に伝え、他人と協力しながら今後の社会を形成する能力です。人間関係形成・社会形成能力は、社会で働いていく上での基礎的な能力といえます。現代は多様な価値観を受け入れる社会に変化しており、年齢や性別などに関係なく他人を認めて協力していかなければなりません。

また、他人との人間関係を形成していく中で、自身に不足する知識やスキル、態度などに気付けます。人間関係形成・社会形成能力は、コミュニケーションスキルやリーダーシップ、チームワーク、他社に働きかける力、他社の個性を理解する力などの向上にもつながります。

キャリア教育の自己理解・自己管理能力

自己理解・自己管理能力は、自分の興味の方向性やできることについて、社会との相互関係の中で、主体的に理解しようと行動できる能力を指します。子どもの自己肯定感を高めるには、自己理解・自己管理能力の習得が必要です。また、自分が何をしたいのか、どのようなことに意義を感じるかを明確に理解しておけば、社会において多様な人間と協働する際に、自身を律することができるでしょう。

自己理解・自己管理能力の具体例には、ストレスマネジメントや主体的な行動、忍耐力、自己の動機付け、前向きに考える力などが挙げられます。

キャリア教育の課題対応能力

どのような職業においても「課題」が発生し、それを解決するためにはどのような段取りで対処すればよいか考える必要があります。また「何が問題であるか」といった課題を見つける能力も、社会で生きていく上で重要なことであり、キャリア教育においてはこれらの能力の育成が可能です。

課題対応能力には、情報の理解・選択・処理や、原因の追及、計画立案、評価・改善、実行力などが挙げられます。

キャリア教育のキャリアプランニング能力

キャリアプランニング能力とは、働くことの意義を理解し、仕事の重要性や自分と社会の結びつきなどを理解してキャリアを形成する能力です。多様化していく社会では、様々な情報を取捨選択し、適切に活用して自らのキャリアに反映させていかなければなりません。

社会人として生活していくためには、常に自身のキャリアを考えていく必要があります。そのため、キャリアプランニング能力は、生涯にわたって求められる能力となるでしょう。

キャリアプランニング能力として挙げられるのは、働くことや学ぶことの意義の理解や役割の理解、行動と改善、将来設計、多様性の理解などです。

企業とキャリア教育

キャリア教育は、小学校から高校まで一貫して行われます。学校で行われる教育のため、企業との関わりは少ないと考える方もいるでしょう。

しかし、キャリア教育は企業で働ける力を身につける教育であり、企業はキャリア教育を理解して関わり方を考える必要があります。そこで、企業のキャリア教育との関わり方の具体例やキャリア教育を支援するメリットについて解説します。

企業のキャリア教育との関わり方の具体例

企業が行うインターンシップは、キャリア教育との関わりの一つといえます。生徒が興味を持つ分野の企業が率先して行う取り組みで、実際にその企業に足を運んで職業体験ができます。生徒は職業体験をすることにより、将来のビジョンが明確に見えてくるとともに、キャリア形成の重要性に気付くきっかけにもなるでしょう。

またインターンシップの前後でタスクリストの作成や発表会を行えば、さらに深い学びを得られます。

企業がキャリア教育を支援するメリット

企業がキャリア教育を支援することは、生徒を受け入れるための準備に時間や手間がかかり、通常業務が滞ってしまうなどのデメリットがあるように感じられます。しかし、企業がインターンシップとして生徒を受け入れる支援活動を行えば、地域社会とのつながりによる知名度の向上やイメージアップにつながる可能性があります。

また生徒に対して「教える」という作業により従業員の意欲が向上し、従業員のモチベーション向上にもつながるでしょう。さらに生徒と関わることで若者の傾向や特徴を把握し、採用に活かせる可能性もあります。

企業がキャリア教育を支援し、様々な取り組みを行うのは、企業側と学校側双方にとって有意義なことといえるでしょう。

まとめ


小学校、中学校、高校と進学していく中で「キャリア」について深く考えるキャリア教育は、現代において必要な教育の一つです。社会で生きていく力を若いうちから身につけるとともに、社会貢献できる人材になれる教育システムは、子ども達だけではなく各企業にも恩恵をもたらします。

タレントパレットは、採用に必要な情報を一括管理し、従業員データと比較することで、採用の質向上を実現可能です。従業員のスキルや育成状況の把握から研修まで人材育成に関わる業務をすべて行えるため、煩雑になりやすい人事業務をサポートします。

ぜひ無料の資料請求で詳細をご確認ください。

タレントパレットのHPはこちら